地域医療について

群馬大学医学部附属病院は、地域貢献を大きなテーマの1つとして掲げています。
先端医療開発センターもまた、病院で蓄積された先進医療等の実績や医療技術等を地域に提供し、 群馬県全体の医療レベルの向上に努めることを目指して日々業務を行っています。

例えば、点滴や静脈注射を行うために、鎖骨や首、太ももの付け根にある血管から管(カテーテル)を挿入し、 その先端が心臓近くの太い血管(中心静脈といいます)に位置されるカテーテルを中心静脈カテーテル(CVC)と言いますが、 この実践時には重篤な合併症の報告が寄せられています。

先端医療開発センターは、近隣の医療機関と連携してCVCに関するセミナーや講習会等を行っています。

先端医療開発センタ-について

当センターは新規医療の実施をサポートします。

続きを読む

センター長挨拶

先端医療開発センター長挨拶

続きを読む

スタッフ紹介

当センターのスタッフを紹介します。

続きを読む

センター業務内容

新規医療技術・医薬品・医療機器について

続きを読む