新規医療について

大学病院などで開発された新しい病気の治療方法や手術などは、 ある程度実績が積まれると厚生労働省に「先進医療」として認められます。
そのあと治療方法に対して評価が行われ、その結果、 確立された治療方法として公的医療保険の対象となることもあれば、 評価対象から外れてしまう場合もあります。
評価のためにはさらにデータを集めなければならず、 それは先進医療を実施することを許可された病院からでなければできません。

群馬大学医学部附属病院は、重粒子線治療を始め、様々な先進医療を実施している病院ですが、 先端医療開発センターはその推進役としての機能も担っています。

先端医療開発センタ-について

当センターは新規医療の実施をサポートします。

続きを読む

センター長挨拶

先端医療開発センター長挨拶

続きを読む

スタッフ紹介

当センターのスタッフを紹介します。

続きを読む

センター業務内容

新規医療技術・医薬品・医療機器について

続きを読む